HOME > 外来のご案内 > 点滴療法

点滴療法

点滴療法は、ビタミンやミネラルなど通常では口から摂取する栄養素を直接静脈内に注入することにより、栄養成分が消化器官で酵素変換などの影響を受けないため、栄養素の吸収率が非常に高いと考えられています。

費用は点滴療法は保険適用外ですので、全額自費となっております。
尚、確定申告の際や高額医療費としての控除対象となります。

点滴療法の種類

超高濃度ビタミンC療法(がん予防に)

高濃度ビタミンC点滴療法がガン患者の痛み倦怠感、食欲低下、不眠などの諸症状を改善しQOL (生活の質)を改善すると言われています。

他にも

がん予防、免疫力アップ、抗酸化作用、疲労回復、アンチエイジング、美肌、美白、など

グルタチオン治療(パーキンソン病に)

パーキンソン病に対するグルタチオン療法は、対症療法であり、根本治療ではありません。

しかしながら、手足の振戦、筋硬直、動作緩慢、姿勢の異常や歩行障害など、パーキンソン病の症状がほとんど消失した症例も多く、また長年の車椅子から解放された方もいます。

マイヤーズカクテル療法(全身怠・疲労を感じる方)

各種ビタミンとミネラル(ビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンC、マグネシウム、カルシウムなど)の点滴製剤を混合し使用します。

特徴はミネラルが含まれていることです。ストレスによるミネラル等の低下に点滴にて補正することにより症状の改善を図ります。

気管支喘息や慢性疼痛、慢性疲労、アレルギー性鼻炎等に効果があると言われています。

他にも

慢性疲労、気管支喘息、じんましん、肝疾患、安眠効果、冷え性、婦人科疾患(更年期障害、生理不順、月経困難症、乳汁分泌不全症など)、美容・若返り効果(美白、肌のくすみ、小じわ、たるみ、精力減退、食欲増進、アンチエイジング)など。

プラセンタ(美容目的にも使える)

プラセンタエキスはプラセンタ(胎盤)から有効成分を抽出したものです。

胎盤抽出物を含有する医薬品が肝炎、肝機能不全の治療に開発されました。

最近になり、アトピー性皮膚炎、神経痛、リウマチなどの痛みの緩和など、さまざまな疾患への効果がみられ、さらに抗加齢領域でも注目されています。



点滴療法研究会

PAGE TOP