HOME > 部門のご紹介 > リハビリテーション部門

リハビリテーション部門

リハビリテーション部門のご紹介

入院リハビリテーションは、PT・OT・STで行っています。

肩関節や股関節の手術後の機能回復をお手伝いするリハビリテーションです。

転倒やいつの間にか骨折でつぶれてしまった腰椎疾患、脳血管障害やパーキンソン病などの神経疾患、呼吸器、慢性腎不全などの内部疾患などさまざまな原因で生じた廃用症候群で生活能力が低下した高齢者の在宅復帰に向けたお手伝いをするリハビリテーションを提供しています。

外来リハビリテーションは、PT・OTで、主として頚・腰・肩・膝などの運動器疾患のリハビリテーションを行っています。

PT(理学療法士)・OT(作業療法士)・ST(言語聴覚士)とは?

理学療法士
PT(Physical Therapist)

理学療法とは、病気・けが・高齢・障害などによって運動機能が低下した状態にある患者さんに運動機能の維持・改善を目的に運動・温熱・電気・水・光線などの物理的な道具や手段を用いて行われる治療です。

作業療法士
OT(Occupational Therapist)

作業療法は、患者さんの健康と幸福を促進するために、医療・保健・福祉・教育・職業などの範囲で作業を目的に治療・指導・援助することです。対象となる患者さんに目的や価値を持って生活するための治療です。

言語聴覚士
ST(Speech-Language-Hearing Therapist)

音声機能、言語機能または、聴覚に障害のある人に機能の維持向上を図るために言語訓練やその他の訓練、また必要な検査や助言をして援助を行うことです。

3つのリハビリテーション専門職が在籍

理学療法士は運動の機能、作業療法士は作業にかかわる機能、言語聴覚士は言語・音声・嚥下にかかわる機能をそれぞれ得意としています。

しかし、それぞれの職種がそれぞれの分野しかできない、かかわれないというわけではありません。

どれもリハビリテーションとして必要な要素なので、3つの職種が互いに連携し合い、それぞれの分野を補ってあるいは共同してかかわっていくということが大前提です。

リハビリテーションの大きな目的は、再び元の生活に戻る、その患者さんらしい生き方と日常の生活を送ることにあります。そのために必要なことは、可能な限りリハビリテーション職が必要ですので、対象となる患者様、あるいはそのご家族様にはお気軽に私たちを頼っていただきたいと思います。

「こんなこと聞いても良いのかな?」など思わずに、まずは聞いてみてください。私たちが、皆様のより良い生活にするための力になれるはずです。

訪問リハビリテーション

理学療法士が利用者様のご自宅などに伺い、心身機能・日常生活動作向上に向けて、充実した在宅生活をおくれるようにサポートするサービスです。

当事業所では、通院が困難な方(要介護認定を受けている方)に対して、旭川の西側(高砂台・神居・忠和地区など)を中心として、サービスを提供しています。

また、診療所・居宅介護支援事業所・通所リハビリ・住宅型有料老人ホームを併設していますので、介護サービス全般におけるサポートが可能です。

なお、無料体験も実施しております。当事業所か担当ケアマネージャーまでご相談下さい。

通所リハビリテーション

■ただいま作成中です。

PAGE TOP