HOME > 部門のご紹介 > 薬剤部門

薬剤部門

薬剤部門のご紹介

私たちの仕事は、患者さまが安全に薬物治療を受けられるように、患者さま一人一人にあったお薬の管理と説明を通して安心して治療が受けられる環境を提供しています。

また医療チームの一員として医師、看護師、その他医療スタッフと連携を取ることで安全な薬物療法を実践し、患者さまに満足して頂ける病院として評価してもらえるようにスタッフ全員で努力をしています。

当院では患者様にやさしい院内処方を採用しています

診察を受けた医療機関で、直接薬を受け取るものを院内処方、医療機関で処方箋を発行してもらい、調剤薬局で薬を受け取るのを院外処方と言います。
最近では医薬分業が進み、多くの医療機関で院外処方を採用していますが、当院では患者さまにメリットの大きい院内処方でお薬をお渡ししています。

院内処方によるメリット

  • 調剤薬局等への手数料等がないため、自己負担金額が少ない。
  • 薬局に行く手間や時間が節約でき、会計が一度で良い。
  • 希望により、薬の変更追加、日数の調節が窓口で簡単にできる。
  • 診療の内容をすぐ確認できるため、より的確に服薬について説明できる。

待ち時間、移動の負担を減らす、院内処方。院外処方よりも、患者さんにやさしい

実は、院外処方ですと、院内処方に比べていろいろな料金が加わるため、患者さんが負担する費用が高くなってしまいます。少しでも患者さんの負担を減らしたい…との思いから、当院では院内処方にしています。

また、院長が安全と判断した場合に限りますが、積極的にジェネリック薬品も取り入れております。
病院で処方される薬の料金(薬剤料)は、保険で国が一律に決めていますので、変えることはできませんが、院内処方を行ったり、きちんとした治療効果と安全性が確認されたジェネリック薬品を取り入れることにより、患者さんの費用負担を抑えることができます。

院内処方と院外処方の費用の比較

院外処方 院内処方
処方箋料・処方料 680円 420円
調剤基本料・調剤技術基本料 400円 80円
調剤料 1週間 350円 80円
調剤料 2週間 630円 80円
調剤料 3週間 770円 80円
薬剤情報提供料・指導料・管理料 150円 100円
服薬、副作用説明 300円 0円
【服薬、副作用説明】
例:月2回の通院で内服薬1種類14日分を処方。

院内処方の場合
薬価+(処420+基80+内90)×2+情100(月1回のみ)
=薬価+1280円
院外処方の場合
薬価+(処680+基400+内630+情150+指300)×2
=薬価+4320円

このように、3000円以上(3割負担で1000円以上)の差額が生じます。さらに、院外処方ではジェネリックに変更したり、分包や頓服にするために、加算(追加料金)がかかります。

移動距離ゼロだから、負担が少ない

特に高齢者の方、体調のすぐれない方にとっては、院外に出て、薬局まで移動するのは大変かと思います。
大事なお薬の処方箋ですが、「あとであとで…と思っていたら、うっかり失効させてしまった」ということもあるかもしれません。

また、実際診療をしておりますと、患者さんのご希望でお薬の種類や量を変更したりすることもあります。
このようなときも、院内処方であれば、医師がおりますので、その場で処方を変更することができて、スムーズです。

調剤

入院の患者さんと外来の患者さんに処方された薬を院内で調剤いたします。 医師が発行した処方箋について、薬の用量・使用方法や他剤との飲み合わせが適切であるか、患者さんの状態に合わせて処方されているかなどの内容を確認します。

薬を取り揃え、患者さんが服用しやすいようなかたちにして払いだします。薬についての情報提供もさせていただきます。

医薬品管理

医薬品の品質管理と数量管理を行います。治療に必要な薬剤を常に最良の状態で提供できるように、薬剤部内だけでなく、院内すべての薬剤に関して保管状況、有効期限をチェックします。また、不足あるいは過剰にもならないよう、数量の管理を行います。

さらに、法律上で特別な管理を必要とする医薬品(麻薬や向精神薬など)の管理を厳重に行っています。

医薬品情報管理

医薬品に関する情報を収集し、患者さんや院内の各職種に向けて必要な時に必要な情報を提供します。

PAGE TOP