当科では鎮静法下での歯科治療が可能です

鎮静法とは

 

⇒体内に鎮静薬を投与して身体をリラックスした状態にする手法。

 

鎮静薬とは簡単に言えば「眠り薬」に近いもので、不眠の方・不安や緊張・恐怖心が強い

精神状態の方に使われます。

適量を投与することで体がリラックスして不安や緊張の少ない、

力がほどよく抜けた状態となり、人によっては眠気を感じることもあります。

これを利用すれば、不安・恐怖・緊張が軽減し、体がほどよくほぐれたリラックスした状態

歯科処置、口腔外科手術を受けることが可能です。

当科では、点滴をつないでいる経路から鎮静薬を腕の静脈に流して投与する「静脈内鎮静法」という手法を行います。

諦めないで 歯科治療

治療が必要、わかってはいても一歩を踏み出せない・・・

                       こんな方はいませんか?

 

・歯科治療が怖い不安

嘔吐反射(口の中を触られるだけでオエっとなる)のために治療を受けられない。

持病高齢で長期の通院や治療が困難

大がかりな歯科治療が必要だけど、不安、怖い・・・

 

このような患者さんもお口のトラブル、悩みが解決できれば・・・

 

旭川高砂台病院歯科口腔外科は、静脈内鎮静法全身麻酔法により、有病

患者さん・高齢患者さん・歯科治療への恐怖心が強い患者さんへの安全・

有効な歯科口腔外科治療の提供を重要な使命の一つと考えています。